トップ > インドネシア語独習コンテンツ

インドネシア語学習コンテンツ

 

インドネシア語とは

 

インドネシア

 

 インドネシア語(bahasa Indonesia)はインドネシア共和国の国語です。

 インドネシアは2011年現在、約2億3千万人(世界第4位)の人口をもつ、東南アジアの群島国家です。赤道にそって東西に広がる5千キロメートルに渡る群島には約1万7千の島々が存在します。そこには、文化の異なる多様な民族が住んでおり、地域や島ごとに異なる地域固有の言語が話されています。インドネシア語はこの多民族国家インドネシアを一つにする重要な言語です。

 

 インドネシア語の起源は、マレー半島、スマトラ東岸などマラッカ海峡を挟む地方に分布したムラユ語(bahasa Melayu)と言われています。ムラユ語は7世紀末スマトラで興った仏教国家シュリーヴィジャヤ王国、ついで15世紀のイスラム国家マラッカ王国の言語となり、マレー半島、スマトラ島、ジャワ島、カリマンタン島などの沿岸地方を中心にリンガ・フランカとして群島各地に広まりました。20世紀に入り、オランダ植民地支配から脱却しようという民族主義運動が高まる中、1928年に宣言・採択された「青年の誓い」において、すでに広く用いられていたムラユ語が初めてインドネシア語と呼ばれ、統一言語とうたわれました。日本軍政期を経て、インドネシア共和国の独立後、インドネシア語が国語として憲法に定められ、インドネシア全土で国語の機能を果たすことになりました。独立当時のインドネシア語は国語としてはまだ不十分であり、またそれを読み書きできる人はそれほど多くありませんでしたが、インドネシア語の文法整備・綴り字法制定・用語整備といった言語政策によって標準化が促進され、インドネシア語の学校教育およびテレビ等のメディアの普及によって、いまや全国に十分浸透しています。また、インドネシア語の普及がある程度成功した要因には、インドネシア語が特定の民族のものではないという中立的な性質をもつ言語であることもあげられるでしょう。

 

 インドネシア語は学びやすい言語と言えます。文字はラテン文字/ローマ字で、読み方は基本的にはいわゆるローマ字読みで差し支えなく、発音も比較的容易です。文法では、単数形・複数形や女性形・男性形の区別、時制変化、格変化などの語形変化はありません。

 

 また、インドネシア語語彙にはサンスクリット語、アラビア語、ポルトガル語、オランダ語などに由来する外来語が非常に数多く見られます。これは、インドネシアの歴史が、海を通じて仏教文化、ヒンドゥー文化、イスラム文化、また植民地支配を受けた時代には宗主国オランダをはじめとする西欧諸国の文化による影響を受け続けた結果です。最近では英語、国内の地方語の語彙も数多くインドネシア語の中に取り入れられています。

 

 なお、マレーシアの国語であるマレーシア語は、インドネシア語と同じようにムラユ語をルーツとしています。インドネシア語とはいわば“兄弟関係”にある言語であり、マレーシアでインドネシア語を用いても十分通じます。

 

 インドネシア語の現在の正書法は、1972年に制定されたEjaan Bahasa Indonesia yang disempurnakanに基づいています。本教材は、その正書法に従っています。それに加えて、発音がわかりやすいように、 [ e ]は “ é ”、[ ə ]は” e ”と表記しています。

 

 

本コースの使い方

 

 本コースは、10課から構成されています。

 


 

各課にはスキットが用意されています。そのスキットの設定は、一人の日本人女性がインドネシアに留学し、その1年を通じて、様々なインドネシア社会の文化に触れていくというものです。皆さんもインドネシア語の会話と文化を一緒に学んでいってください。

 

 各課は以下のステップで進みます。

 

  1. スキットの会話全体を聞く
  2. スキットの会話文の音読練習をする
  3. スキットの会話をロールプレーで練習する
  4. ディクテーションをおこなう
  5. 単語と表現の確認をする
  6. 文化紹介で背景を知る
  7. 応用練習(音読とディクテーション)をおこなう

 

  1. まずは、スキットの会話全体を通して聞いてください。映像は字幕付きのものと字幕抜きのものがあります。ご自分のレベルに合わせて、選んでください。会話のおおよその内容がつかめたら、次に進みます。
  2. スキットの会話文を読む練習をします。インドネシア語文と日本語訳の両方が表示されていますので、意味を確認してから、音読の練習をしてください。最初はインドネシア語文を見ながら練習をしてください。文章を覚えたら、日本語のみを表示してインドネシア語を音読できるように練習をしてください。
  3. ロールプレーで会話の練習をします。映像を見ながら、スキットに出てきた人物になって、会話の練習をしてください。
  4. 正しく聞き取り、正しく綴る練習をします。日本語やインドネシア語の文を見ずに、音だけを聞いて、書き取ってみてください。
  5. スキットに出てきた単語や表現についての解説を理解します。応用表現もでてきますので、読んで、そして聞いて学習してください。
  6. スキットの文化背景を写真つきで説明してあります。言葉だけでなく、文化も合わせて勉強してください。
  7. 最後に、応用練習として、勉強したスキットに関連したもう一つ別の内容の会話文が用意されています。文章を聞き、そして書きとり、内容を理解してみてください。

 

すべてのステップにおいて、そのページの使い方の解説がなされていますので、そちらもお読みください。また、すべてインドネシア語習熟度に合わせて、選択できるようになっていますので、ご自分のレベルにあった方法を選択して、お使いください。

 

 

関連リンク

言語文化研究科言語社会専攻
大阪大学外国語学部
大阪大学サイバーメディアセンター
 

新着情報

11年2月1日
当サイトをオープン

 

11年12月27日
コンテンツ完成

 


教材制作者